お口が開かない!
おねこさまに続き、くろねこくんも手術したのですが
いやー、大変でした…(´▽`;)
くろねこくんは、おねこさまと同じで療養食以外は食べてはいけない病もちなので
(ちょっとでも食べると血尿が出る(@w@;))
よくある、おやつとかに混ぜ込んで食べさせる方法ができないのです。
そして、おねこさまほど食欲旺盛ではないので
療養食に混ぜても避けて食べて薬の部分を食べないので
口に直接入れる方法が確実なのです。

猫の薬の飲ませ方がわかりやすい猫ペディアという
動物病院のブログを参考にしたのですが、
固定方法とか、口の開け方とか、
写真の通りにしたのに、お口が開かないんです(泣)

歯を噛みしめて食いしばって開けてくれないんです!(*T□T*)
ふぐぐ、って食いしばってる顔は凄く可愛かったですけどね~(*´∀`*)(笑)
今は無事治って元気です~♪(*^w^*)

くろねこくんの手術は、おねこさまの歯肉炎とは違って
喉の下あたりに腫瘍ができているのを発見したので
それを取る手術でした(*;x;*)

幸いな事に良性のものだったので(*´w`*)
術後は化のう止めのお薬だけで治りました~☆(*´▽`*)

その薬が大変でしたけど…(´w`;)
ず~っと噛みしめているのは本猫も疲れるみたいで
ふっと一瞬ゆるむ瞬間があって、その瞬間に
今だ!」っと、がっと開けてぽとりと薬を落としたら
んぐって飲んでくれました(*´▽`*)
ただ、飲んだ瞬間、毎回びっくり顔で固まってしまうので
変なとこ入ってのど詰まったのかと毎回焦りました~(○□○;)
少し経つとぺろりぺろりして普通に戻るのですけどね~(´▽`;)(笑)

おねこさまにはくろねこくんと同じ方法で飲ませるのは
絶対無理ですが(人間がちまみれになる(◎w◎|||)(笑))
たぶん、粉にして療養食フードに混ぜれば食べてくれると思います~(^w^;)

おねこさまの時は薬は飲まなくても大丈夫だったので本当に良かったです…(´w`;)